地元野洲市から梅雨の長雨でどうやら雨漏れを起こしているらしい、、と原因究明の調査依頼を賜りました。

二階に上がらせてもらい、窓から軒下を覗いてみると、入隅になった部分の軒先に染みが出来、鼻隠し板と軒天材が腐食していました。入隅があると言うことは屋根上のその部分には谷樋が流れています。屋根上に上がる前から想像は出来ていましたが、やはり銅板腐食による穴あきです。屋根面の雨水が2面分この谷樋に集まるので、先週の鉄砲雨の時などは滝のように内部に雨漏れを誘発していたはずです。


棟の状態も芳しくありません。鬼瓦は棟から離れ緊結の劣化が見て取れます。また、面戸の漆喰部分にはコケが蔓延り雑草が生えています。普通ならあってはならない事です。このようになる原因は湿式材が常に湿気った状態で棟瓦で雨を切らず内部に雨が侵入し易い状態になっていると言う事です。


延命治療の修繕方法で、まだ暫く屋根が保つような提案で御見積させて頂きます。

LINEで送る