昨年にもブログに記載しましたが、左京区岩倉は我が今井家の故郷の地です。そんな私にとっても思入れ深い場所、OB客様から追加で修理の見積依頼を賜りました。


立派な門に葺かれている瓦の棟瓦が長年の自然変象の影響で緩んできています。


棟の土台もあまり芳しい状態では無いようです。


棟瓦を結束している銅線も酸化して切れてしまっています。


特に瓦の重なり部分や、湿式材にコケが蔓延った状態は要注意です。周囲にくらべ常に水分を含んだ時間が長い証拠で、これが媒介役になり、毛細管現象で瓦内部に雨水を進入させる原因にもなります。


京都市内のご依頼が相当増えて参りましたが、フットワークの軽い当社は皆様のご期待に迅速にお応え致します!

LINEで送る