昨年葺き替え工事をさせていただいた大津市のK様、塀瓦の交換工事を追加で賜っておりましたが、年末も迫っていたので年明け暖かくなる3月までお待ちいただき、先日スタートしました。

使用する瓦は淡路産の垂付雁振瓦、通称「タレガン」屋根に乗っかる雁振瓦と少しデザインが異なり、両サイドに垂れを作る事で高級感と塀に乗った時の意匠性を際立たせます。


塀がカーブしている所は、直線的な仕上構造の製品をそのまま付けると物理的に無理が生じるので、少しずつカーブの内側になる部分を切り合わせて取り付けていくので、非常に時間がかかり、カーブの施工は極端にスピードが落ちます。


しかし、焦らず落ち着いて、、塀瓦は一般的に人の背丈くらいに施工され、目線が近い場所にあります。

ご近所様にも、「綺麗に付いて、良くなりましたねぇ」とお声がけいたたきました。

職人冥利に尽きます!


LINEで送る