スレート屋根材は10年もすると表面の塗装がとび、苔やカビが蔓延ります。日当たりの悪い立地条件などでは寿命が更に短縮する場合もあります。

よく、屋根を改修するよりトータルコストが安価だからと屋根塗装を安易に選択される場合がありますが、一度弱くなった骨材はもとには戻りません。屋根材は紫外線や含水という、日々屋外にさらされている大敵と戦っています。骨材が経年劣化した状態で塗装を施しても下手を次は10年保たないかも知れません。長い目で見て、そんなランニングコストをかけるなら、金属系の屋根材でカバーすることはかなりお得な選択です。


既存のスレート屋根材の上に粘着式の改質アスファルトルーフィングを施工します。


今回使用した屋根材はアイ・ジー工業製品「スーパーガルテクト」最近の金属材料はいわゆる昔の鉄板と違い、ガルバリウム鋼板が主流、塗装技術の向上も伴い耐腐食、耐摩耗など耐用年数が飛躍的に延びました。同製品の標準使用で塗膜15年保証、赤さび20年保証、穴あき25年保証、またワンランク上のフッ素塗装でしたら、塗膜変褪色20年保証、赤さび20年保証、穴あき25年保証となります。

LINEで送る