昨年、大工さんからご紹介いただいた栗東市内の大きな材木屋さんの工事。お待ち頂きましたが、何とか1月中に完了出来ました。


立平カバー板金工事は板金系のスペシャリスト!T職人さんのチームに入っていただきました。


古い谷板金(銅製)を撤去し、さらに改質アスファルトルーフィングでしっかり防水仕舞いを施します。場合によっては古い谷板金の上にカバーで二重構えにする事もありますが、既設材が銅製の場合、異種金属どうしを密着させ電飾腐食を起こす原因にもなりますので、雨漏れを誘発しそうな場所や箇所は極力避けるように処理します。



本日、私が瓦部分の谷板金を新たにステンレス板で新設してきました。

LINEで送る