昨年の台風被害のお問い合わせは、1年を経過しても今尚調査依頼があります。

野洲市からカラーベストの破損と棟板金の不具合(外れ)に伺いました。


これだけ棟板金が浮き上ってしまえば、下地の貫板の腐食を疑わなければなりません。固定土台は本当に肝心で、よく言う正に縁の下の力持ち! 豆腐に何本釘を打っても効かない、、て説明したらより解りやすいか?と思います。


まるまる一枚破損して無くなっているので、重なりが命のスレートもこれでは雨が降るたびに下地に水が廻ります。スレートの厄介なのは野地に屋根材が密着しているので下地に廻った雨水が直ぐ軒先に出ず、いつまでも水を保ったままの状態で毛細管現象により広範囲に広がる点です。雨水を保つ時間が長いという事は施工された釘穴から小屋裏への本格的な雨漏れや野地板腐食に進行するリスクも増えます。

LINEで送る