夏前に補修工事を何箇所かさせて頂いた、湖南市のS寺様。最近では庫裏から本堂へ続く屋根が一部雨漏れで下地垂木が腐り、大工工事も入れて改修もしました。



今回は弊社のアピールポイントの1つ、細やかな対応とフットワークの軽さを評価され、ご住職様からご信頼を頂き、本堂の大改修工事と平家の庫裏の葺き替え工事をご発注頂きました。


メインはヒビ割れ破損が進み非常に危険な鬼瓦の取り替えです。

1尺9寸経の巻足付き、今回こちらのお寺のシンボル=宗紋も入り、鬼屋さんから画像が送られて来ました。

出来たてホヤホヤの職人技による鬼瓦が立派で見事です! 真ん中には特注で宗紋「眞」の紋様が刻まれました。また、時代を超えて末永く見守ってくれる事でしょう。


第一期工事として、9月28日に鬼瓦取り替え用の特設ステージ足場を先行で架け、10月初旬から工事着工、鬼瓦、箕甲部、降り棟を改修する大工事です。



第二期工事として、時期をズラして台風被害などで痛んだ庫裏の葺き替え工事も行います。

LINEで送る