過ぎ行く2018年、後半は近畿地方で災害が重なり、屋根や外装に限っては我々業界も近年経験した事の無い未曾有の被害を被りました。

そのパニック的な復旧依頼から、なかなかお時間を取れずキャンセルされた方、不在連絡の後を追えずご希望にそえなかった方、フル回転で頑張っては来ましたが、やはり1店舗で尽力出来る量はつくづく知れていると痛感しました。

とはいえ、御縁をいただき復旧工事までの運びとなった皆様も居られることは事実で、大阪地震、台風21号被害関連で8月から今日までに約90軒の復旧工事を遂行し納めさせて頂きました。何よりも、被害の深刻な方々をより優先に施工し、新年を無事安心して我が家で迎えられる事が何よりも嬉しいです。

栗東市綣、ルーガ葺き替え工事も年内足場払いを終えて頂き無事完工となりました。
大阪府豊能町、七寸丸改修工事も足場払いして頂き、お客様のご要望に添うべく、年内完工を達成しました。



そして、新築工事も待った無く順番に上棟してきます。

近年は製造メーカーも週休2日制は当たり前、夏季、冬季休暇もそこそこ長いので前もって資材だけは自社土場か現場直送しておかなければ、こちらの段取りが狂います。



年明け、段取り良くスムーズに作業が進むよう、軒先部分の仕込みをしてユックリ休みに入ります。


皆さま、今年一年大変お世話になりました。

「ゆく年」を残り数時間、謙虚な反省と達成感で振り返って、その反省から更なる向上心を持ち、新たな目標に向かう「来る年」に出来るよう、精進して参ります。

それでは、良いお年を!

LINEで送る