2019年5月の一覧

野洲市比江 葺き替え工事スタート

我が町、野洲市比江。 週明けの雨をやり過ごし、昨日からご近所様の葺き替え工事がスタートしました。


人海戦術、瓦の解体に必要な応援人員も8名集まり、本当に有難いです。


前回の葺き替え工事から、防水下地材(ルーフィング)を、こちらのREVOシリーズを使用しています。

今回使用品番はREVO3

昨年の台風21号の突風を伴う大雨では、こちらのお宅のような所謂田舎普請で焼き板、白壁や土壁に絡む壁際からの雨漏れの修理や調査依頼を多々いただきました。こちらのお宅も当初雨漏れの修繕からのお話が、旧建築と近年の建築基準や、瓦のガイドライン工法の説明をさせていただき、結果葺き替え工事になった訳です。
今回の下葺き材はREVO1とREVO2の機能を融合させ、更に突起高さを3mmまで高くし、雨の横走りと軒先までの排水性能をアップした商品です。また、屋根の下葺き材も長年にわたり屋根を保護しなければいけません。
その一番肝心で縁の下の力持ちに求められるクオリティー、、REVO3材質のポリエチレンは、経年変化が少ないです。他のプラスチック素材だと、ボロボロになったりすることがあります(例えば、洗濯ばさみやプランターなど)。 また、120以上にならないと溶けないので、改質アスファルトルーフィングのように、工事中に屋根を汚すことはありません! 白銀に輝くいぶし日本瓦は表面の美観が命で、この季節、熱に溶けたアスファルト系の汚れが、足裏に付着し汚損を広めます。
明日は運送屋さんのトラックが途中までしか入ってこれないので、弊社のフォークリフトで敷地内に搬入作業からのスタートです!

施工実績:大津市南郷 S.I様邸 葺き替え工事


●エリア名:大津市南郷

●工事内容:葺き替え工事

●当店をどこでお知りになりましたか?:当社ホームページ

●今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?:はい(2社)

●当店をお決めになる際に重要視されたことは何ですか?:担当者の対応

●担当者の対応はいかがでしたか?:大満足

●職人の技術・対応はいかがでしたか?:満足

●工事内容にはご満足頂けましたか?:満足

●次回も弊社にご依頼いただけますか?:依頼する

●その他ご意見・ご感想:

施工実績:野洲市 E.K様 屋根修繕工事


●エリア名:野洲市野田

●工事内容:屋根の修理、部分改修

●当店をどこでお知りになりましたか?:当社ホームページ

●今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?:はい(3社)

●当店をお決めになる際に重要視されたことは何ですか?:担当者の対応(ホームページの内容が良かった)

●担当者の対応はいかがでしたか?:大満足

●職人の技術・対応はいかがでしたか?:大満足

●工事内容にはご満足頂けましたか?:満足

●次回も弊社にご依頼いただけますか?:依頼する

●その他ご意見・ご感想:

親切、丁寧に対応頂き感謝しております。次回も何かありましたら、お世話になりたく思います。早々に対応して頂き有難うございました。感謝

カラー鉄板からガルバリウム鋼板へ賢く衣替え

波板のカラー鉄板、一昔前にかなり普及しましたが、防錆性に乏しく一定期間(新設後10年前後)を過ぎると絶えず要塗装のランニングコストが発生します。その点ガルバリウム鋼板は安心。素材はアルミニウム、亜鉛、シリコンから成るアルミ亜鉛合金メッキ鋼板の事です。アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能により、従来の鋼板よりも更に耐久性に優れ、あらゆる用途に対応出来る画期的な鋼板です。

写真のような一部カラー鉄板が敷いてある屋根も、下地さえしっかりしていれば既設の上にカバーで施工する事も可能です。



コスパを上手く利用する引き出し(知識)も、お客様の方でインターネットを駆使して勉強いただければ、業者の見積プランの言いなりになる事もありません。写真の工事だけでも、既設材解体撤去費用+同運搬処分費用が浮くわけです。


因みに、ガルバリウム鋼板も耐食性に優れているものの、メンテナンス時期は必ずやってきます。

その原因となるのは、①赤錆=施工時や運送搬入段階で表面などに深い傷がある事を見誤り使用された事により、傷着いた場所からの錆の発生。②白錆=潮風が吹く海岸周辺や高温多湿地域で発生するのが白錆びです。白い無数の斑点が表面に発生する現象で表面メッキ層に含有した亜鉛が酸化して表面に出てきた現象です。意匠性が要のガルバリウム鋼板にとっては、美観的に看過出来ない厳しい現象です。

私個人的な意見として、この白錆びがなかなか侮れず、日当たりの悪い外壁など雨風のあまり当たらない箇所に使用するのはお勧めいたしません。書き出しに「沿岸部や高温多湿」と有りますが、我々の住む地域でも風通しの悪く、埃の溜まりやすい方角や立地状況では、この白錆びが発生しやすい条件下になります。 雨風の良く当たる一階部分より、庇の影になる箇所などは発生し易く、ハッキリ仕切りをしたように上下で変化する事もありますし、釘やボルトで留め付けた周辺の埃が溜まりやすい場所でも、そこを起点に白錆びが発生し易くなります。やはり、工場などと違い美観を長く求められる住宅は雨風が絶えず流れる屋根が白錆びのリスクも低くなりますし一番お勧めですね。

様々な建築用材が普及しておりますが、一長一短もあります。

屋根、雨樋、外装周りの事なら、何なりと今井瓦店にご相談下さい。

野洲市 廃盤セメント瓦の棟改修工事も始まります。

地元野洲市野田で新たに現場が始まります。昨年の台風21号による被害の調査依頼をいただきまして、廃盤セメント瓦の棟瓦が全体的に緩み、ズレているのを発見いたしました。旧工法で施工され、緊結材が銅線固定のみで、長らく時を経て経年劣化で伸び緩みこのような症状になったと考えられます。幸い飛散や落下で欠損材がない為、一時解体して最新の強力棟工法で改修を施し、地震台風に強い棟に作り直します。


本日ようやく足場屋さんに足場架けをしていただき、来週から工事に入らせて頂く運びとなりました。2月の工事決定のご連絡をいただいてから、長らくお待ちいただき有難うございます。


基礎をしっかりしておけば、この手のセメント瓦や、スレート材など、塗装を施す事で更に寿命が延びることでしょう。 廃盤瓦、特にセメント系のモニエル屋根材は弊社に取り置きもございますので、台風被害に遭われた方々で廃盤屋根材でお困りの皆様は一度弊社にご連絡いただければ、案外簡単に入手出来たりするかも?です。

屋根外壁塗装工事も始まります

今日の夕方は、契約間近になった守山市のお客様宅へ。 弊社、山内に担当してもらっている屋根・外壁塗装の案件で、色合わせも大詰めを迎えました。

我々の業界、建築資材を扱う業種で色見本が有りますが、特に塗装工事に関しては塗装と言うくらいお客様のイメージや、拘られる色目が命です。 手元にとったカットサンプルと実際屋外で塗り上がった塗装では、自然の光の反射具合や、仕上がり面積が広くなった事での事前イメージとの細かい差異などが、どうしても起こりやすい職種です。

ですので、我々はお客様を急かす事なく、納得行くまで色見本をお届けし、悩んで頂きます! その悩む時間も、大切なお家の化粧直しの為、楽しみに変えて頂きたいです。

総工事内容としましては、まずセメント瓦が昨年の台風21号で隅棟部のカット瓦が穴開け固定されておらず、ズルズルに下がっている状態で、棟部の改修工事を施してから、屋根・壁塗装工事になります。勿論、足場〜屋根瓦改修〜塗装工事まで、一括受注させて頂きます。

Oh!me見晴らすときめき坂in ZEZE

今日から大津市は馬場町Oh!meを見晴らす、ときめき坂近くが屋根直し隊の任務地です。


事務所が近く、専務さまの自宅も現場斜め前という現場を覗くには好立地?長年ご愛顧いただいております、工務店様のお仕事です。

屋根は阪神大震災時に葺き替えられた、淡路産日本瓦屋根。瓦はまたまだ元気な状態でメンテナンスフリーですか、、、当時一瞬流行りかけた棟施工法、旧乾式マット工法の土台部がスカスカで向こうのOh!meが良く見えます。この状態、欧米人ならOh!meならぬ、Oh!my god!です。



長年の紫外線やら冬の厳寒に晒されて、発泡スチロール系の乾式部材は指で撫でるだけで、粉のように崩れる脆さです。


棟に特化して改修をかけます。全て解体し、不要な旧建材を除去していきます。



土台をシルガードという、固まれば土の数倍の強度と防水性を兼ね備えた建材で積み直します。


明日から下屋根の改修に移行します。

南北から完了報告

私が担当させて頂いた、犬上郡豊郷町葺き替え工事も土曜日をもちまして、無事完了させて頂きました。

最後は向かいに建つ大きなお寺側の屋根に鍾馗さまを配置させていただき、歴史を紡いできた古民家の住まい人をこの先も末永く見守っていただけるよう想いを込めて、物語を紡ぐ、命を紡ぐ、夢を紡ぐ、人生を紡ぐ、幸せを紡ぐ、、施主様ご一家の家内安全、無病息災を鍾馗さまに祈ります。

鍾馗さまの意味、是非ともWikiでググって下さい(笑


そして、大津市南郷の立平板金屋根改修工事も本日、日曜日に完了です。日曜作業で完了してくれた、ℹ︎職人さんに感謝です!

令和元年さらに気持ちを引き締めて

平成31年4月30日、天皇陛下の退位の儀式にて、陛下より日本国民に感謝の意を表す有難いお言葉が中継で流れました。

そして令和元年が到来。いつも(例年)と変わりない5月ですが、新年に祈願し強い思いを込めた元日から約5カ月、日々の多忙さや色々な雑念で芯がブレがちになる頃に、今一度手綱を締める思いで、この中継を聞き入っておりました。

私個人に、極端に偏った政治思想などはもちろんありませんが、我々の先祖様、諸先輩が作り上げた民度の高い日本人として生まれた事に感謝し、私個人も「実るほどこうべを垂れる稲穂のように」を座右の銘に、この職業をさらに探求、勉強し精進していこうと確認した有意義な令和元年スタートでした。

そして、連休中ですが快く工事の了解をいただいた、地元のお客様の元へ。

場所は地元中主の吉川と菖蒲。

雨漏れの原因となっていた、玄関上の銅板で拵えた八谷。撤去し、ステンレス製の板を新たに新設しました。


谷板に開いた小さなピンホール大の穴から雨漏れを起こし、杉皮を一部腐らせました。


午後から場所を車で3分の菖蒲に移動。

農器具小屋の波型スレートのケラバが昨年の台風で破損しました。お待たせしました、ようやく完了です。


今日3日は大津市と彦根市でアイ工務店様、新たに2棟上棟しました。



あせるな、足掻くな、、着実に確実に、道なき道はやがて己の歩みを経て立派な道となり後からついてくる、、です!!

▲TOPへ