2018年6月の一覧

野洲市冨波甲 T.I様 屋根修繕工事

IMG_1249モザイク
●エリア名:野洲市

●工事内容:屋根の修理、部分改修

●当店をどこでお知りになりましたか?:知人を通じて 以前工事を頼んだ

●今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?:いいえ

●当店をお決めになる際に重要視されたことは何ですか?:担当者の対応

●担当者の対応はいかがでしたか?:満足

●職人の技術・対応はいかがでしたか?:満足

●工事内容にはご満足頂けましたか?:満足

●次回も弊社にご依頼いただけますか?:依頼する

●その他ご意見・ご感想:無し

現調 & 工事契約頂きました

本日の私はお客様のご対応、営業仕事。

最近よくお声がけいただいている左官業者様からの御依頼物件。野洲市南桜で、入母屋普請の営繕工事を頂きました。

台風の影響でしょうか? 刻み袖が躄(いざ)ってズレたり飛び出たりしています。


湖南市三雲からは、先週弊社ホームページからご依頼頂いたお客様。

有名な大手S林業で建てられた日本瓦葺は30年を経過して、下屋の一部で雨漏れも発生。


隅棟から良く漏らすパターンの棟の積み方です。 あと経年の為、のし勾配も少なくなりこれだけの隅棟の長さ(6m以上)では絶えず雨を受けているような状態です。

のし瓦が出たり、へっ込んだり、、内部の湿式材に水分が入り込み、もろくなってこの様な状況になっていると思われます。


御見積を日曜日にご確認いだだき、早々に弊社で工事の決定連絡を頂きました!有難うございます。

2F、1Fの隅棟全体の積み直し工事で「ガイドライン工法」で対応致します!

緊急掲載いたします

大阪北部地震から1週間が経過しました。メディアが伝えて来る、損壊住宅の数は先週末一気に増えました。

外装周りの被害、その一軒でもお助け出来るように、弊社は今月29日の産経新聞 北摂版にて新聞広告を掲載させて頂きます。

fb269f069272ebe5c4ff4abab1200f2b.pdf

雨も上がり、2棟一気に無事上棟

昨日まで、梅雨らしくシッカリ雨が降りました。

18日の大阪北部地震の被害状況は、4日目を迎え、一部損壊住宅が1,000棟に迫ろうとしているらしいです。

一部損壊とは屋根瓦の崩壊や破損、外壁の破損など、各行政が罹災証明の発行手続きを始めましたね。茨木市は対応が早かったです。やはり、梅雨時期真っ只中に、我が家を雨風から凌いでくれる屋根が欠損していたら、雨漏れは始まるし侘しいものです。

それでも、「Life goes on」人生は続いて行きます。我々日本人が古くから持ち合わせるDNA、海外から称賛される民度の高さと国民性を兼ね備えています。

「耐え忍ぶ」と言う素晴らしい言葉通り、頑張れ大阪!

京都府宇治市では、タマホーム様も上棟を終えました。

東大阪市リフォーム会社様物件(栗東市 I様邸部分改修工事)

20180621-240x320
●エリア名:東大阪市

●工事内容:屋根の修理、部分改修

●当店をどこでお知りになりましたか?:当社ホームページ

●今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?:いいえ

●当店をお決めになる際に重要視されたことは何ですか?:担当者の対応

●担当者の対応はいかがでしたか?:満足

●職人の技術・対応はいかがでしたか?:満足

●工事内容にはご満足頂けましたか?:満足

●次回も弊社にご依頼いただけますか?:依頼する

●その他ご意見・ご感想:
現在、泉佐野、阪南市方面を開拓をしております。
随時、奈良、滋賀方面も開拓予定です。
その際は宜しくお願いします。

新築上棟の合間を狙え!②

そして夕方、今週恒例の新築上棟ルーフィング貼りです。

一軒目は大津市内、西武を間近に望む馬場町からMホーム様の物件です!

2軒目は、山科区西野山桜ノ馬場町で本日も誠に有難うございます。タマホーム様の物件です!


一昨日建ったばかりの、西野山今熊野南町物件は、スーパーな仕事人、応援のT瓦店さんが2日で完成してくれました。


梅雨時期、ハウスメーカーさんだけは工期の遅れで次業者さんに迷惑をかけたく無いので、本当に有難い!感謝感謝です!

新築上棟の合間を狙え!①

大所帯の勢いのある屋根屋さんと違い、そろ〜っと! 商いをさせていただいておりますが、さすがに物件が重なり過ぎてパニック気味です。

しかし、お客様にご迷惑はおかけできません。この新築上棟の合間を縫って、決まっている営繕工事などをやっつけていきます!

まず一軒目、同じ市内の冨波甲の弊社OBのお客様より、母屋の降り鬼瓦が外れて下屋と隣接する離れの瓦を破損させた!との依頼を受けておりました。

日本家屋のポピュラーな入母屋屋根に豪華さを演出するために取付けられた降り鬼瓦は、個人的には本当に怖いです! 過去の修繕工事時にブログに呟きましたが、年月も経った事ですし再度ご説明がてらの掲載といたします。


降り棟はその特性上、屋根の左右、本棟から軒先に向かって勾配なりに付いています。写真の白マルのように、施工時は水平に延びる陸棟と降り棟の取り合い箇所は職人技術により、ピッタリとくっ付いて施工されています。

しかし、長年の自然変象(落雪時の引っ張り現象や、台風などの災害)で、地球の引力に逆らえず徐々に徐々にした方向にズレ下がります。その先端で一生懸命支えている鬼瓦も緊結されているのは銅線の束。ご存知の通り、銅は鉄、アルミ、亜鉛に比べれば安定金属ですが、長年をかけ腐食します。緑青色に変色した後、酸化性酸、強いアルカリや硫化物の条件下や高速流水のもとでは腐食を促進させます。近年では気候的に問題になっている酸性雨などは代表的な一つです。肉厚が削ぎとられ、細くなった銅線が内部でチョン切れてジ.エンド、、となる訳です。


話はここからが重要で、大体この降り棟が付くお宅は、最低屋根の大きな平面全体に左右1箇所づつ、裏表で合計4箇所、大屋根だけでつきます。また、一階の玄関やお庭、駐車場はその流れに面した直下にある邸宅が大半では無いでしょうか?

災難は時と時間を選びません、万一、落下した先が、カーポートや駐車している車やバイクなどの動産なら、えらい災難やった!で、愚痴でも済みますが、これがたまたま真下におられたご家族や、通行人、通行車両だった場合、取り返しがつきません。重さ数キロが二階屋根から転がり落ち、当たりどころによっては冗談無く即死ですよ。この業界で長年仕事をしている1人として、注意して頂きたいと思います。

特に負荷のかかっている降り棟や、隅棟、その中でも昭和40年代から50年代に建てられた建売分譲地の物件に該当するお客様には今一度目線を上げていただき、屋根の点検なども考えていただけるよう、お願いする次第です。


今回は一番太いのを二重にして結束しました。所々に水色ぽくみえるのが元々使用されていた、緑青化した細い銅線です!

棟瓦を元通り復旧し、念の為、鬼瓦の周りをシリコンボンドで補強します。



破損してしまった、下屋の軒先一文字瓦3枚と地瓦6枚を交換して完了です。

二手に別れた2軒目は栗東市十里のお宅に。弊社ホームページをご覧いただいた、東大阪市のリフォーム会社様から御依頼いただいた物件です。温水器が不必要で撤去したらしいのですが、長年温水漏れの成分塩酸やカルキが瓦の表面を白く化学変化させてしまい、お客様のご希望でひどい箇所を交換です。

実は鳥取出張中の5月中頃に伺っていたのですが、この製品旧丸栄陶業(現:栄四郎瓦株式会社)のFF50と言う、平板タイプにしてはいぶし銀色が小割感にマッチした、当時の高級商材で、現在廃盤品。メーカーに頼んで特別に窯に火を入れ焼いて貰いました。

当初の予定、焼き上がり納期を一週間ほど早く納品されたので、グッドタイミングです。

雨にも負けず、風にも負けず、、

今日でカバー改修工事現場が滞りなく完了致しました。今週からしばらく、新築上棟が続きます。


近所に建った新築現場は今日から応援でT瓦店さんに施工してもらい、1日でここまで施工して頂きました!



そして夕方、京都市山科区西野山南谷町でタマホーム様の新築現場が無事上棟致しました。滋賀県から国道は混むので、裏道進み旧醍醐街道峠を越えての山間の場所、立地もかなり奥まっておりまして、良く大型重機が入ったな?と感心しておりました。

さあ!明後日も2軒上棟です!


野洲市上屋 S.U様 プレハブ倉庫改修工事

下画像にマウスのカーソルを合わせて頂くと、大きな画像でご覧頂けます


  • p10
  • p11
  • p11
  • p11
  • p11
  • p11
  • p2
  • p3
  • p4

  • p10
  • p11
  • p11
  • p11
  • p11
  • p11
  • p2

リフォームデータ
施工金額
88万円(プロモーション価格)
症状
プレハブ構造物(ベニヤ、鉄板)の劣化。
工事内容
屋根、外壁材貼り替え。室内壁下地PBボード新設。
築年数
23年
工期
7日間
商品
外壁材:金属サイディング角波750  屋根材:立平嵌合

豊郷町からもご用命有難うございます!

弊社ホームページをご覧いただいた皆様から今日までに、北はマキノ、今津、南は信楽までお問合せを頂き、実際に工事もさせて頂きました。

今回は豊郷からのご依頼をいただきました!

今回ご依頼賜ったお宅、土壁左官仕上げは軒裏垂木まで流線を描くように綺麗に漆喰仕上げされ、隣家を遮る塀には塀目板瓦が載せられた日本の良き伝統建築文化が至る所にプンプンと散りばめられた旧家。

やっぱり良いものは良いですね! 古民家を購入され外装まわりのリフォームも行われましたが、屋根瓦が相当古いため、葺き替え工事が必要か?営繕工事で凌ぐか?判断が難しいですが、瓦の経年劣化具合に対して今後のランニングコストを考えると、葺き替え工事をすすめさせていただきました!

屋根面積は340㎡を超える巨大さです。



今週は雨がよく降ったので、日曜日返上してお仕事です。カバー改修現場も大詰め、今週から5軒の新築が建つため、暫くはお天気との戦いになりそうです。

1 / 212

▲TOPへ