今年の桜は鳥取で観賞しました。

ブログを最近サボり気味?では無くって、真面目に大車輪で忙しい訳で。
4月8日の法事までに完工希望だった葺き替え工事は、18日間の工期で無事4月2日に引き渡し完了しました。



震災地に良くある、ブルーシートを掛けたまま1年近く放ったらかしにする人達が居ますが、我々はメーカーにも協力頂き、機動力を売りにし契約から着手まで2週間を謳って、広告宣伝、その他媒体を利用し、お客様にアピールしております。

とりあえず着手として、解体工事に週に2日ほどレッカーを入れ、1日に3〜4件回り7寸丸一本伏せと、のし積み現場に職人さんを振り分けます。


続いては、地震で崩れて落下した棟瓦に施主様も恐怖をかんじられ、和瓦をめくって立平かん合式の板金屋根に葺き替えです。ひとまず、解体着手し溜まった物件順に着工日を待っていただきます。



今日は同じく解体し、順番を待って頂いていたお客様の屋根を施工させていただきました。同じく、立平かん合式板金屋根材です。




先月末に一旦地元に帰られた、岐阜の業者様が半ばから一名増えて、5名で来ていただけるので大変助かります。



こちらでお世話になっている、工務店様の会長様の御自宅、巨石?やら4〜5mもある、どデカイ灯篭やら凄い庭園です。

会長様の自宅も今回の地震で立派に積まれた棟が崩壊し、岐阜の業者様に来ていただき次第、棟全体のガイドライン工法での既存同等復旧工事が始まります。