2016年12月の一覧

年末年始休業日のお知らせ

今年も大変お世話になりました。今井瓦店では、年末年始を下記の通り休業日とさせて頂きます。

来年もより一層、業務に全力を注ぎ邁進いたします。来年からも、相変わりませず御愛顧のほどひとえにお願い申し上げますと共に、皆様におかれましては、インフルエンザが流行する中ご健康に留意され、良いお年をお迎えくださいませ。

今年の現場も片付いてきました。

甲南町の雨樋工事と一部瓦修繕工事も先週をもって、無事完了させて頂きました。



大津市あかね町の分譲地、本年ラストで上棟し、こちらの分譲地も埋まり完売したようです。

来年からは、少し南下した柳が崎の分譲地の仕込みが終わりスタートすると聞いております。

雨樋を架け替えます

今日は甲南町で既設雨樋の撤去作業をしてます。銅製の雨樋は製品の肉厚が薄くなり、ジョイント部分や、コーナー部分、雨水がよく当たる場所や溜まる場所にあちこち穴が空いている状態。


新しく架け直すのはパナソニック製品の、いぶし雨樋「匠シリーズ」です。銅の様な高級感を保ちつつ、ステンレス製品の為、非常に錆びにくく耐久性が良い商品です。価格も半端ありませんが、、

ステンとは日本語で「錆び」を意味し、レスとは「〜しない」と言う意味合いがあります。銅は、酸化銅の被膜を形成するので表面が緑青色に変色した後、安定すると言われていますが、酸性を帯びた雨水が繰り返し流れることにより、肉厚を薄くしていき銅腐食の進行に一番負担がかかります。

美銀の週

今日は午前中に坂本の葺き替え工事を完了させて頂きました。

(株)鶴弥謹製のスーパートライ110平板瓦美銀色、釉薬にあって銀色いぶし瓦の

クオリティーを忠実に再現しており、私のお気に入りの商材です。周囲の伝統的な景観に浮く事無く、邪魔せず、しっくりと溶け込んでくれます。

 
 

午後からは湖東へ大移動、解体後にストップしていた現場が、ようやく再始動しました。そうなんです、景観条例や伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)は色々な取り決めがあるんです。この1カ月、屋根が裸のままでヒヤヒヤものでした。

雨養生が良いように片面ずつ、やっつけていきます。 こちらも(株)鶴弥謹製、和形エースといいまして同じく、仕上がれば釉薬にあって銀色いぶし瓦と遜色ないクオリティーを演出してくれます。施工コストを下げたい場合など、仕上がり外観がいぶし瓦とほぼ変わらず、製品代で若干コストを下げれる商材です。

坂本葺き替えスタートしました。

さぁ12月に入り、今年も残すところあと1カ月をきりました。ふと気付けば、12月に入るのに全然寒く無い。

晴天の中、インターネットで問合せ頂いていたお客様の葺き替え工事に着工致しました。


神社のお仕事

今日は当社ホームページから問合せを頂き、東近江市の某神社に現地調査に伺って参りました。

御依頼いただいた案件は、拝殿、本殿、手水舎、社務所、年3回の屋根に溜まった枯葉の除去、いわゆる清掃作業に屋根瓦の各部点検。

今までは神社を担当されている、年毎の地元の氏子さん逹が屋根に上がり掃除をされていたらしいのですが、専門業者に任せた方が良い、と言うことでホームページをご覧頂き、上記案件をいただきました。

お寺や、神社は一般住宅と違い、独特の世界があるので、これも直ぐには決まりません。神社を守りされている氏子の方々で協議してもらい、氏子総代さんに御判断いただく運びになります。

とは言え、先方様希望の元旦に備えた、本年最終清掃希望日を30日とお聞きしましたので、余り日にちに余裕がありません。

この世界で「御用達」と言われるよう、この御縁をシッカリ努めさせて頂き、信用、信頼される業者になれるよう、日々精進です。


大津市の漆喰塗り工事と谷板取替え、S職人さんのチームが、本日完了してくれました。

▲TOPへ