2016年1月の一覧

40年ぶりの大寒波襲来

先週はセメント瓦の棟改修工事を完了し、昨日土曜日は新築一件上棟、そして今日、日曜日は湖南市の蔵改修に伴い、工事範囲の瓦の一時解体に伺いました。

   
 
今日のガイドラインマニュアル工法、強力棟金具に太い角材をはめ込み、ビスで固定し、更に仕上げの棟瓦も角材にステンレス製のビスで固定します。耐風性能が旧工法に比べ、飛躍的に良くなります。

   
 

湖南市の蔵も瓦を解体し、養生を終えました。後は大工さんの野地復旧工事を 待つだけです。待っている間、端に使われていた特殊な瓦が野地の崩壊と共に年月が経ち消失しているので、足らず分の発注をかけます。

  
 
   
 

着工前の現場下見へ

昨夜から雨がシッカリ降りました。午前中雨がのこりましたが、午後から湖南市へ現場下見へ。

お客様のご要望があり六曜の関係で、24日(日)に屋根の解体から現場着工して欲しいと伺っております。

母屋の裏に構える蔵が工事対象物件です。

 野地は軒先の角が対角線上に裏表、綺麗に崩れ落ちています。最初見たときに、屋根形状で言う「すがる屋根」か?と思ったくらいです。  
    
 
24日に当社で瓦の解体を行い、大工様がおよそ一週間かけて、下地を垂木から改修します。

当社の瓦復旧作業は来月初旬の予定です。

日曜現調

今日は午前中から現調です。1件目、27日から葺き替えの着工が決定している五個荘町の御宅に最終確認。

   
ドーマーが2箇所あり、懐ろ部分の中途半端箇所にも屋根材が施工され、しかもモルタルが塗り込んでいる為ややこしく、ひと手間もふた手間もかけなければならない部分です。

 
2件目、水口町に葺き替え案件の現調、寸法採りに。

   
 

一気に寒くなりました。

ここ数日で一気に寒くなりました。まぁ、これが普通なんですが。今施工中の改修工事、なんか違和感あると思えば、シルバー釉薬瓦なのに朝イチから屋根上でサクサク仕事が出来る(^-^)

この意味、我々業界の方々しか解らないと思います。

さて、今日からS職人さんのグループがタニタステンレス雨樋「レクステン」の工事に入ってくれました。
   
  
私が入っている、湖南市の改修工事も本日で無事完了致しました。

【BEFORE】 
  
【AFTER】

  
   
   

    

    

  

来週も新築工事に、セメント瓦の棟改修工事、蔵の瓦の一時解体、あとカラーベスト葺き替えなど、物件が詰まっております。

私は、20日から旅行の為、ブログのアップを期間中お休みさせて頂きます。m(_ _)m
  

お問合せ有りがとうございます

昨日、当社のホームページを御覧いただいたお客様より屋根に関するお問合せがあり、本日屋根の点検、現地調査をさせていただきました。場所は同じ旧中主町内の御宅です。

   
    
屋根は下屋のズレがかなり酷い状態。おそらく、大屋根からの落雪の衝撃などが起因していると思われます。

自然災害が原因の可能性?となれば、申請し問合せる先は自ずと答えが出てきます。

  
しかし、昨年の春先にホームページ制作会社から、突然営業の電話をもらい、最初は胡散臭いなぁ?と思ってましたが、数回打合せさせていただき本当に良いホームページを作って頂いたと感謝しています。当社ホームページ公開からの問合せは、昔やっていたタウンページ広告や、その他良く似た広告媒体とは雲泥の差です。ホームページ制作会社の方では、例えば滋賀県野洲市で屋根に関するワード検索が月間数百件などの情報まで把握出来ているらしいです。

 以前現調した箱樋の取替え、朝から瓦の解体だけて早く片付け、昼過ぎには大御所W板金さんが新しい箱樋を新設。  
 
町内の現地調査を終わらして、とんぼ返りで午後から瓦の復旧に向かいました。

  

 

急遽決定?

湖南市針の物件、屋根と、壁の塗装工事に伴い、セメント瓦の棟の工法をマニュアル工法の強力棟工法に改修する工事を急遽頂きました。

   
 
高圧洗浄の段階で内部に水が浸入しました。高圧洗浄機の威力もありますが、棟の工法が一昔前の土に載せただけで銅線で縛っただけ。土も雨風の中でかなり浸食され、隅際から水を呼んでいます。近年の特徴ゲリラ豪雨や短時間の局地的大雨、夏場の気象に備え塗装ついでに賢明な判断だと思います。スタートが関連外の工事でも、シッカリとした知識と認識、説明力さえあれば、お客様は理解下さいますね、

  

湖南市物件、今日も2階の屋根を修理です。

昔の防水下葺き材、今で言うルーフィングがビニール製のビニールフェルト、先輩職人達がビニトンと昔から読んでいるのですが、ビニール製の為、長年の寒暖の影響で硬化し、パリパリに破けた所も有り、また葺き土が接着力を失い、ビニールフェルトから外れ棟際から中段位までの平部の瓦がズルズルにズレ下がっています。

 全て撤去し、新しい防水シートを張ります。
 

同じく湿式工法(土葺き)で収めていきます。土はスサが入りでかなり接着力が強力な袋タイプを使います。土屋の藁を混入させた物などよりは、粘りが強力で扱い難いですが、その分仕上がりは頑強になります。

 
大津市和迩中の現場もS職人さんのグループが雨樋工事から進めてくれています。

      
  
  

湖南市着工しました

今日から湖南市の和瓦改修工事に着工しました。今日はまず二階の屋根から。
【BEFORE】

 

【AFTER】 
   
    
 
【BEFORE】

  
【AFTER】

   
 
【BEFORE】

 

【AFTER】 
   
   
明日も引き続き、二階の屋根の工事です。

仕事始め

水口牛飼の現場、外壁と軒先の幕板が完了したので、いよいよ雨樋工事にとりかかります。

品番はタニタハウジングウェア「レクステンR6号」通常の雨樋工事の2〜3倍する高価な商品です。

   
  
それから、少し西に戻った湖南市針に明後日、9日に工事に入る、修繕の現場に2件共S職人と一緒に現場確認。

 
さぁ!今年も一年、「元気に.健康に.安全に.」宜しくお願い致します!
  

▲TOPへ