社長日記

震災地でお仕事させて頂いてます

中学生時代からの、私の個人的な友人からの紹介で現地の工務店様から直接、地震による屋根被害の復旧、是正工事を請け負わせて頂いてます。2月の3日からこちらの地方に伺って、出張で被害に遭った屋根瓦の復旧工事に携わらせて頂いてます。友人は営業に長けた奴なんで、物件は次から次へと溜まる一方、まあ震災地なんで当たり前なんですが、皆さん一刻も早く、屋根にかかったブルーシートを外したい思いは同じ。

その御要望に報いるよう、1日2〜3件ペースで全日本瓦工事業連盟、屋根のガイドライン工法でシッカリした屋根に造り直していきます。



天候の具合もあり復旧具合はあまり進んでいない模様です。

2月の天候の悪い時期から入ったんですが、地元の方々からも重宝がられています。



70坪の葺き替え工事も、もうすぐ契約です。

現調が続きます

昨日のブログに書いたとおり、今日は朝から湖南市中央に落雪被害の御宅へ現調に伺いました。

二階屋根からの雪が勢いよく落下し、隣家のカーポートの屋根を傷めた模様です。

とりあえず、火災保険に被害申請出来るように、写真撮影と被害箇所の調査。あとは保険会社にお客様から連絡してもらいます。


雪止めが設置されていても、屋根勾配や屋根流れ長さなど、複合的な原因が重なり軒先き部分の雪はどうしても止められません。

今回は隣家の所有物が絡んでくる問題の為、キョーセー(株)の「雪もちくん」という商材で軒先き部分の雪も確実に止められるように、お見積作成です。

お問合せが非常に多くなってます。

一月は結構な量の雪が何回か降りました。湖東側は守山市を境にして、草津、大津にかけての以南はそうでも無いのでしょうが、野洲川を越えると如実に積雪量の変化が分かります。

という事で、一月も下旬から昨日にかけて、インターネットの問合せ欄から、落雪被害や雪止め設置に関するお問合せが非常に多くなってます。
先週インターネットからお問合せ頂いた、栗東市のお客様、漆喰工事と雪止め設置工事をご契約頂き、昨日と本日で工事させていただきました。



昨日新たに2件、インターネットからのお問合せがあり、野洲市のお客様へ現調させて頂きました。

落雪によるポリカ破損と雨樋の痛みで、お客様が火災保険を使われるために、写真撮影と調査書の作成を行います。



明日は午前中、同じく落雪被害の御宅に、湖南市中央に伺わせて頂きます。

信楽の奥深くで。

日曜日は信楽の奥深く、朝宮という所で現調をさせて頂きました。もう直ぐ行くと宇治田原です。

今回もホームページの問合せメールから上記案件をいただきました。

現在、他府県在住のお客様ですが、今回この古民家をご購入され、傷みが激しく雨漏れを起こしている屋根瓦の葺き替えを検討されておられます。





事前のお電話で屋根の下地が腐って抜けている、とお伺いしていたので、当店がいつもお願いしているi 大工さんに同行をお願いして、シッカリ調査します。

積雪地域という事もあり、山の斜面に面した北面の屋根はなかなか酷い状態でした。軒の出が900と懐が深く、それも負担をかける一因になっています。垂木から腐って屋根が抜け落ちている箇所が2、3箇所見受けられました。

屋根面積は290平米、お客様のご要望に添い、どのような瓦の仕上がりを望まれるのか、現地でのプレゼンも含め、見積にも力が入ります。

雪当たりの年ですね。

今年は雪当たりの年ですね。 おかげさまで、雪止め設置工事についてのご相談や、落雪被害による火災保険申請のご相談が、当ホームページから沢山いただいております。

先週ホームページからお問合せいただいた、栗東市のお客様、漆喰工事のご相談、後付けの雪止め設置工事とセットでご契約頂きました。2月1日から工事に伺わせて頂きます。



今日は雪で延期になっていた、新築工事が坂本で無事上棟しました。

また新しい分譲地がスタートしました。

使用する瓦は、三州野安謹製 セラマウント、クラッシーシリーズの3色混ぜ葺き。

製品単色自体ランダムな吹付けカラーになっている上に、アイボリー(白)、オレンジ、アンバー(茶)各々混ぜ葺きする事により、より南仏、南欧ヨーロピアンな外観を屋根から演出できます。また、各色の混ぜ割合(%)を操作する事により、お客様オリジナルの個性のある屋根に仕上がります。まさにオンリーワンです。

年末年始休業日のお知らせ

今年も大変お世話になりました。今井瓦店では、年末年始を下記の通り休業日とさせて頂きます。

来年もより一層、業務に全力を注ぎ邁進いたします。来年からも、相変わりませず御愛顧のほどひとえにお願い申し上げますと共に、皆様におかれましては、インフルエンザが流行する中ご健康に留意され、良いお年をお迎えくださいませ。

美銀の週

今日は午前中に坂本の葺き替え工事を完了させて頂きました。

(株)鶴弥謹製のスーパートライ110平板瓦美銀色、釉薬にあって銀色いぶし瓦の

クオリティーを忠実に再現しており、私のお気に入りの商材です。周囲の伝統的な景観に浮く事無く、邪魔せず、しっくりと溶け込んでくれます。

 
 

午後からは湖東へ大移動、解体後にストップしていた現場が、ようやく再始動しました。そうなんです、景観条例や伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)は色々な取り決めがあるんです。この1カ月、屋根が裸のままでヒヤヒヤものでした。

雨養生が良いように片面ずつ、やっつけていきます。 こちらも(株)鶴弥謹製、和形エースといいまして同じく、仕上がれば釉薬にあって銀色いぶし瓦と遜色ないクオリティーを演出してくれます。施工コストを下げたい場合など、仕上がり外観がいぶし瓦とほぼ変わらず、製品代で若干コストを下げれる商材です。

神社のお仕事

今日は当社ホームページから問合せを頂き、東近江市の某神社に現地調査に伺って参りました。

御依頼いただいた案件は、拝殿、本殿、手水舎、社務所、年3回の屋根に溜まった枯葉の除去、いわゆる清掃作業に屋根瓦の各部点検。

今までは神社を担当されている、年毎の地元の氏子さん逹が屋根に上がり掃除をされていたらしいのですが、専門業者に任せた方が良い、と言うことでホームページをご覧頂き、上記案件をいただきました。

お寺や、神社は一般住宅と違い、独特の世界があるので、これも直ぐには決まりません。神社を守りされている氏子の方々で協議してもらい、氏子総代さんに御判断いただく運びになります。

とは言え、先方様希望の元旦に備えた、本年最終清掃希望日を30日とお聞きしましたので、余り日にちに余裕がありません。

この世界で「御用達」と言われるよう、この御縁をシッカリ努めさせて頂き、信用、信頼される業者になれるよう、日々精進です。


大津市の漆喰塗り工事と谷板取替え、S職人さんのチームが、本日完了してくれました。

セットがお得

今日も葺き替え工事案件を頂き、現地調査に大津市関津へ。

足場を掛けて工事をするので、一緒に雨樋の掛け替え工事をした方が断然お得です。

雨樋や外壁も当然、築年数と同じ分、劣化は進みます。足場は仮設、掛け払いと言うだけあって、外装工事の補助的役割、最後は取り払ってなくなるんですから、外装を工事をするたびに、足場代が発生するなら、思い切って屋根、壁、樋を触ってみるのも一考の価値ありです。


向陽町の葺き替え工事、屋根、雨樋、足場の3点セットで請け賜った現場も今日月末何とか工期通り完了しました。

協力業者の皆様、有難うございます。

▲TOPへ