火災保険適用施工例

今回は南寄りの突風でした

先週末の台風20号のお問合せ、翌日から日曜日までがピークで、日を追うごとにお問合せもひと段落つきました。台風被害で現地調査したお宅は、湖南の湖東側では東から南寄りの突風に煽られたような被害が多かったです。また、外壁が焼き板や左官漆喰壁、現しの柱など、田舎の普請からの雨漏れが多く、瓦からと思っていても実は長時間横殴りの暴風雨が壁を叩き、先に述べたそれらの隙間や白壁の枠、ひび割れ部分なとから漏れるケースも増えてきました。

場所は近江八幡市西庄、広大な田んぼで拓けた東南からの風雨が長時間壁を叩き、一階台所や和室からの雨漏れ。庇葺き留に雨水侵入の形跡が無く、二階の壁まで疑わなければなりません。


同じく、近江八幡市緑町から。これまた、東〜南寄りの屋根瓦の破損、崩壊状態が酷いです。


お客様からのリクエストもあり、火災保険へ申請して頂きます。 せっかくあるこれらの制度はちゃんとしたタイミングで使わなければ本当にもったいないです。

お盆休みまで突っ走れ

今日は貴生川の新築現場と大阪二手に分かれての工事でした。

大阪北区大淀中の谷樋からの雨漏れ物件、淀川区の元請様からの着工GOサインが出ておりましたので、加工板金が納品され本日午前中に納めさせて頂きました!



今週は新たに雨漏れや屋根瓦のメンテナンス依頼の現地調査を数軒賜りました。

草津市西渋川の御宅は棟の三日月漆喰が剥がれ、中の土が長年の風雨で侵食され雨漏れ一歩手前です!


我が町内、琵琶湖岸の菖蒲からは昨年工事を賜わったOB様からの再依頼。

先月末の台風12号で初めて、北側の下屋、葺き留めの平行壁のしのラインで室内に雨漏れが発生しました。

今年の春先に喜合の現場で工事依頼を受けた症状と全く同じで、菖蒲、喜合、両在所も道を挟んで隣同士の琵琶湖岸。

やはり特殊な気象状況下により、この地域は特に比叡おろしや台風などの暴風雨が湖面を駆け抜け、もろに影響を受けやすいようです。

3横綱全員休場?ちゃんこ食べて英気を養う。

総数50m弱の棟改修、湖南市三雲のお宅も上屋が完了し下屋に移行です。

最後はのう天からビス留めし、自然災害に強いシッカリ強力な棟に積み代わりました!


現場が重なりかなり多忙、、再び助っ人してもらっている岐阜の職人さん共々、夜は高校の同級生がやっていた、ちゃんこ鍋屋さんへ!

人生の中で一番心を許せて、10代から20代前半、毎晩毎晩将来の夢を語り合った親友です。 残念ながら昨年の春に 癌で亡くなってしまいました。互いの未来予想図がそれなりに形になって来て、互いにおじさんになり、昔ほど会わなくなっていましたが要所要所では出会って近況を報告し合う仲でした。

若い頃は実の母親同様、よく迷惑をかけた 親友のおっ母さんにも久々に店内で会えて、お元気そうで安心しました!

今現在の仕事の多忙さと職人さん達に感謝し、親友との思い出を偲びながら明日からも暑さに負けず頑張ります!

陽明町で改修工事始めます

大津市大物が雪の影響で手が付けられず、大幅な工程変更になりました。まぁ、物件は相当数溜まっていますので、その点頭を悩ます事はありません。

来週から、大津市陽明町で外装周りの改修工事に入らせて頂く運びとなりました。本日はお客様と最終の打合せ、工程表を見て頂き、色々なご質問や疑問点をいただきましたが、我々は直接工事もさせていただくプロの職人集団。

シッカリと解りやすくご説明させていただきました。帰り際には、我が家が女子(おなご)ばかりの大家族と知り、お茶菓子まで沢山いただき本当に有難うございますm(_ _)m

仮設足場を設置し、雨樋全面架け替えに、台風で飛んだりズレた瓦の調整。

カーポートもコンクリート土間を砕いて、支柱から全て新品に交換します!

新設する商品はLIXILのネスカRタイプ。

(仮設足場・雨樋交換・瓦の調整・カーポート取り替え) 消費税込み750,000円で御提案させていただき、お客様にも大変喜んでいただきました!



我が町内、蓮乗寺様からは年末の会合で檀家様らの承認をいただき、弊社の見積金額が通ったので、そろそろ、こちらの集会所(用務棟)の葺き替え日程も出さなければなりません。

節分に祈る

「鬼は〜外!福は〜内!」我が家、大家族でしてお雛様ばかりズラリと4人、

上2人は社会人と卒業前の社会人予備組み。若い頃、ロクでも無かった親に似ず、本当に素直に真っ直ぐ何よりグレずに真面目に育ってくれました。

1月の結婚20周年記念の日には、子供達でケーキを用意してくれ、さすが女の子だなと思います。


節分ですが、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。意味は余り解らずに、下の2人は豆撒きにやる気満々。

しかし、私としましては現実的に「鬼は〜、、、」よりも、「雪はぁ〜!もう溶けて消え去ってくれ!!」と祈るばかり。

ま、でも家族全員健康に笑顔が耐えなければ、本当に幸せです(^-^)

大津市大物の別荘地帯、様子を見に行きましたが、こりゃ〜とても着工出来るような状態ではない!(泣

更に来週再び新しい寒波がやって来るとか?来ないとか?

大阪市中央区に住まわれる、オーナー様に連絡を取り、工程を思い切ってズラそうと思います。


2月に入り、まず一件目の新築が無事上棟しました!

自衛隊大津駐屯地近くの柳川分譲地。来週、まず雪の影響が全く無い、こちらの新築工事からやっつけようと思います!

まだまだ続きます!

年が明け、台風処理も一息ついたな?と思いましたが、まだお問合せがある状態です。

私思うに、今回のような規模の台風に慣れていないので、台風直後は直ぐにでも直して欲しい!と言う御依頼が相次ぎ、今は応急処置で養生シートもあるから雨漏れの心配も無いから?と言うことで、合見積の状態に入ってきているのでは?と思います。

湖西側の斜面、眼下に見下ろす琵琶湖が非常に綺麗で素晴らしいロケーションの和邇高城も、今回の台風で最も酷い被害を被った地域の一つです。




雨樋の軒樋は二階半分が吹き飛ばされて消失していました。破片も何も近辺に見当たらず(汗

はるか上空に巻き上げられ、飛んで行った先は琵琶湖方面か?山側か?

何も解りません。


危ないから軒先の瓦をめくって置いたのではありません!

台風の風力でまくり上げられ、この位置に着地した模様てす!自然の威力恐るべし!


弊社町内からは、母屋と離れ蔵が台風被害にあった為、工事のご依頼を賜りました。

現在は無人で、遠方に居住され広い敷地に点在する建物の手入れに来られた時に、屋根の被害に気付かれたようです。

2018年スタート!台風被害がまだまだ続きます

新年明けましておめでとうございます。とっくに仕事はスタートしており、新年仕事始めは昨年ホームページからご依頼頂いた御近所様、西河原のお客様です。

台風で二階切妻の各面ヤギリ部分にある換気ガラリが破損し、雨樋とセメント瓦も破損。各修繕工事を賜りました。



20年以上前の換気ガラリは当然廃盤。しかし、何とか同じ寸法の類似製品を見つけ出しました!



台風で吹き飛んだ軒樋を新たに新設し、中途半端に残った竪樋も真新しい角樋S30に交換します。



最後は破損したモニエル瓦を交換して完了です。

比良山系麓は深刻でした②

弊社の職人さん達に方々現場に向かってもらい、私は今日も現地調査に向かいました。場所は湖西側比良山系の麓。一昨日もこの地域に調査に来ましたが、被害の深刻さは湖東側と比較になりません。

緩やかな傾斜の数軒先の屋根が吹き飛び、こちらの御宅に直撃したと推測されます。暴風雨の中、その瞬間を直接確認出来る訳では無いのですが、恐らくそうでしょう。

今日は1チーム、南小松の台風被害の工事に入りましたが、施主様曰く「突風が一番酷い時間帯に、一瞬、感覚的に家が浮き上がった」と仰ってました、、、おぉ、怖っ!!


地元では、築まだ十数年なのに、台風などの時に壁から雨が大量に漏れる!と言うお悩みを頂き、通常の2倍の水切り板金の新設工事を行いました。

手がけた工務店さんや、施工した屋根屋さん、数回の修繕でも症状が改善しない模様。 挙げ句の果てに、軒天の通気口にケイカル板で蓋がされていました。

来年な向け、ひとまず様子を見て頂きます。

台風被害も片っ端からやっつけろ

さぁ、大津市の葺き替え工事も終わり、今週から台風21号被害の屋根修繕に飛び回ります。

1件目市三宅の急勾配


2件目は永原へ



3件目はそこから3分の野洲市祇王へ。



ラストは明日大工さんに入ってもらう、守山市服部町の御宅の瓦と下地の撤去へ。あちこち手を付けなければなりませんが、取り急ぎ野地が腐り落ちた下屋の木工事からスタートです。


からの、、急遽ホームページを御覧頂いたお客様よりお電話いただき、栗東市へ現地調査です!

迅速、スピーディだけでなく、心のこもった対応をさせて頂きます‼︎

2 / 41234

▲TOPへ