火災保険適用施工例

長浜市へ屋根調査に伺いました。

長浜市からのご依頼案件。町の自治会館の屋根が台風被害を気付かずに放置したままになっているとの事で、早速調査に伺いました。


【注】写真は人為的な外力によって加えられた損害写真ではありません。


ちょうど、屋根を下から見渡せる軒先側に団地が建っていて気付かれるのが遅くなったのでしょう。平部の被害は台風時のフラッター現象特有の爪痕です。寸前で飛散を持ち堪えていますが、この一枚が外れて吹き飛んていたら、ドミノ倒しのように次々と飛散していたでしょう。


面戸漆喰も1箇所剥がれてます。

二階から落としてきた這い樋もボンド切れで一階軒樋から外れちゃってます。雨染みの痕から雨水は外側に零れ落ちているようです。


枯葉詰まりで、軒樋の深さの半分位まで雨水が排水されずに溜まったままの状態です。このような状態も極度に製品劣化を促進します。


水分と根を張れるヘドロ状の土壌があれば本来あってはならない場所に草木も蔓延ります。


自治会長様には自治会で審議していただき、弊社に再びご連絡いただけると、わざわざご連絡を頂きました。

草津市下物町へ建物調査に伺いました。

ホームページからご依頼いただき、建物の調査に伺いました。


長年の老朽化で鉄骨×木造が入り混じった躯体のモルタル仕上げの庇が崩壊し隣家に崩れ落ちたようです。


崩れて剥き出しになった内部鉄骨の余りにも酷い腐食具合に、陸屋根である屋上を疑い上がってみると、やはり屋上防水が完全に切れてしまっていました。ここから侵入した雨水が建物四方のモルタル壁と構造躯体の間を長年かけて流れ落ちているはずです。通常、生活していて見えない箇所の雨漏れは本当に気持ち悪くて怖いですね。


崩落した箇所から下の出っ張った部分も、境界から出ているようで、この部分まで全て解体、改修となると内部室内の工事まで必要になります。


お見積する工事内容は①屋上防水+階段の補強改修②外壁塗装③一部減築、解体改修工事となります。

大津市、瓦の現状調査に伺いました。

大津市は唐橋の近く、すっかり珍しくなりましたが、赤色の瓦で葺かれた屋根の現状調査に伺いました。

瓦は現在は廃盤になった、塩焼瓦。

塩焼きというのは、焼成の途中で塩を投入して瓦を焼くもので、投入された食塩は熱で分解されガス状となりさらに水蒸気と反応し、酸化ナトリウムと塩化水素に分解されます。さらに酸化ナトリウムが粘土中の珪酸とアルミナと化合し、珪酸ナトリウムとなり、これが赤褐色のガラス状の皮膜となるのです。塩の投入は数回繰り返されます。これによって瓦は堅く焼きしまり、表面の光沢も増してきます。
  塩焼き瓦は丈夫なことに加えて、含水率が非常に低いので、凍害に強く、寒冷地へ向けての販路も広がりました。


スレート材やセメント材に比べれば高寿命なJ型瓦ですが、地球上にある万物には対応年数と言うものがあります。

素材には貫入を通り越した、亀裂ができ始めています。含水からの凍て現象が少しずつ進んだ結果の症状です。


平部の重なりは数十年の大気中を漂う砂埃や、大陸からの黄砂が蓄積し、これらの物質が台風や大雨の時に毛細管現象を誘発しいわゆる尻漏れを起こします。これらの症状は複合的な要因(流れの長さ、屋根の勾配、使用されている屋根材の形状 など)からの結果で、あるお宅だけが全ての条件が揃い、雨漏れ、、など雨漏れ原因究明は本当に奥が深いです。


近年の製品はオーバーフローを極力避けるため、重なり部(施工されたら見えない部分)にも技術の贅を尽くし、水返のダムを設けています。メーカーの技術者曰く、ダムの形状、長さ、位置などそれぞれ風洞実験でテストされて意味があるらしいです。


壁際の土井のし下の部分も漆喰が無くなりコケが蔓延っています。コケやカビなどが蔓延るのは、その部分が絶えず湿気ている証拠。雨水が内部へ侵入しやすい仲介者のような存在です。


湿式部分の漆喰も剥離欠落しています。

屋根の状態をトータルで判断し、報告書を作成します。

近年はインターネットが普及し、屋根業者だけても多数のホームページがありますが、インターネットで何でも検索出来るからこそ、最もらしい素材や理屈をあちこちから拾い集めたような物(者)も沢山おります。それを閲覧し吟味し、選ぶのはお客様、我々、一社)全日本瓦工事業連盟加盟している、県内数十業者は厚生労働大臣認定の一級資格や、屋根診断技士、屋根工事技士をほぼ全社で所持し常駐されております。

ここ滋賀県でも大した修行もせず、屋根に登って工事をしているヤカラなど蔓延っております。飾り付けだけの偽物には引っかからないように、弊社のこのブログを見られて調査などお考えの方は滋賀県瓦工事組合のホームページでも、各市町村の組合員を紹介しておりますので、屋根!外装!は間違い無い業者を選びましょう!

ラスト4週!

会社や首を長く待たれているお客様の為、本日も休日を犠牲に修繕、補修、現地調査と有難うございます。

近江神宮から下がった高架下角、二本松の現場も悲惨な姿から、、

【BEFORE】


img_2324-1.jpg

【AFTER】

全て元通りに復旧出来ました。


八幡市、アパートオーナー様宅。先月手前の青緑色のお屋根、棟瓦を改修しましたが、


次は奥の入母屋普請の母屋に手を加えます。

img_3760-1.jpg
上屋だけでも被害は結構深刻ですよぉ。


片側はデッカい三ツ切りの鬼が外れて無くなってます。


こちらの鬼もどいたやら内部では緊結材がブチ切れているような匂いがプンプンします。

危ない危ない、、真下なんかにいたら超危険です!

img_3763.jpg

 

修繕工事のやり甲斐のある色んな課題が上屋一面に凝縮してます。

img_3773.jpg
img_3766.jpg

本日は被害範囲が広がっていないか?最終の確認とオーナー様に着工時期のご挨拶です。至急、職人さんの手配をかける用意に移ります。

守山市 M.K様邸 台風21号被害修繕工事

img_3137.jpg

●エリア名:守山市

●工事内容:屋根の修理・部分改修

●当店をどこでお知りになりましたか?:当社ホームページ

●今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?:いいえ

●当店をお決めになる際に重要視されたことは何ですか?:担当者の対応

●担当者の対応はいかがでしたか?:満足

●職人の技術・対応はいかがでしたか?:満足

●工事内容にはご満足頂けましたか?:満足

●次回も弊社にご依頼いただけますか?:依頼する

●その他ご意見・ご感想:

現調報告書が詳細でしたので保険申請の際、自身で図を描く必要もなく大変楽でした。

大阪プロジェクトチーム奮闘日記!

大阪某市の工務店様から依頼された「大阪北部地震」関連の葺き替え工事、当初は熊本やら、東日本大震災などのように、それを生業として商売をしているような所謂「震災屋」と我々の世界で呼ばれるメンツにも協力を仰ごうか?思案しましたが、やはり面談や電話対応などで面接しても、口から出てくる金額が被災地の弱みに付け込んだような法外な数字しか出てきません。 まぁ、営業と相談しましたが、私自身が生粋の職人肌なんで、「熊本地震の時のような悪評でウチ絡みの評判を落としたく無いから、違う所で頑張ってもらえば、ええやん?」で、軽くスルー。

息のかかった、身の回りから人数も揃い、1週間に2軒のハイペースで、葺き替え工事を続行しております! 弊社営業に大阪、京都地域は任せっきりですが、有難い事です!

寝屋川、楠葉、枚方、八幡を股にかけ頑張ってます!



足場先行で下準備完了

台風21号のお問合せも1カ月を過ぎ、ポツラポツラと少なくなってきましたが、エンドユーザー様の直接依頼の自社物件が何と言っても優先第一です。

溜まった案件を片っ端からやっつける工程に移行です!

今週は足場設置先行がメイン、これまたインターネットを駆使し知り合った、フットワークの非常に軽い京都木津の足場屋さんに怒涛の勢いで足場を組んでもらいます。今日、日曜日も無理を聞いていただき二軒回って頂きました!

火災保険案件がほぼ9割を占めているので、足場も被害箇所復旧に絡む必要最低限で組みます。


私と京都大阪担当 山内は午前中八幡市へ。

大阪北部地震直後、夏場に撒いた広告反響で台風前からご依頼頂いていた、八幡市のアパート物件オーナー様の信頼を勝ち取り実家母屋と二階建て離れの改修工事契約をいただきました!肝心のアパート物件も一次受付の助成金200万円の申込みに間に合わず、ワンランク上の300万円助成金申請にトライする運びになりました!必要書類などハードルは高いですが、ここで昨年一年間鳥取県で培った経験が生きてきます。不動産経験もある、弊社の山内もこの手の案件が得意中の得意です。


午後からは大津市南郷に移動。

西武が開発した旧分譲地のメインロード沿い、こちらもホームページからお問合せいただき、全面葺き替えの御見積をさせていただきます!


最後は弊社が外装の守りをさせて頂いている、地元比江へ。

直したところ以外が飛んだりズレたりと、昨年に引き続き、営繕工事を賜りました。

通報しないでくださいね

日曜日は恒例の大阪エリアの現地調査。お取引先で箕面の一級建築士事務所様からのご紹介で一軒目は大阪は阿倍野区の由緒ある質屋さま。

降り棟と隅棟が南からの暴風で吹き飛びました!


先週からの大阪府、大阪市内の現地調査は遠路遥々滋賀県からの調査という熱意を買っていただき、今の所ほぼ100%で受注に繋がっております。

2軒目は東大阪市に移動、密に軒先を連ねる三階建住宅。弊社ご依頼初めての外人様からのお問合せ。多分、中国の方と思いますが、この一角の戸建てを4棟ほど所持しておられ、全て調査です。しかし、2連ハシゴでは当然届かずベランダから一連ハシゴの2分割で屋根上へ!

屋根に上がると、そこは瓦敷きの地上のような世界。ハシゴをかけた位置から30〜40m屋根伝いに移動が出来る、ルパンⅢ世か石川五右衛門の世界。軒と軒10cmほどの隙間から落ちようもない、、三階なのに、何?この妙な安心感わ?

見慣れない顔ですが、怪しい者ではごぜぇやせん。通報はしないで下さいね?

皆さまのヒーローになるべく、この地に降り立ちました。

この後は集まられた御近所様から「ウチも見て!」と追加で案件も頂きました。おまけに工事をする時は、滋賀から遠いだろうから「まとめて一緒にお願いするわ」と気まで使っていただく始末。。一三もそうでしたが、大阪の下町って人情味が溢れてて最高ですよね。 小さい頃、昭和にタイムスリップした気分になります!

この後、颯爽と伏見区福島太夫と彦根まで現地調査に去って行く屋根屋さんでした!


実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂の様に。

6日で48軒の調査完了!まだまだ約2/3。台風直後に比べれば減ってきたものの、連日の雨のせいで、今だに被災に遭わられた方々のお電話が止まりません。

初めてのお電話口の皆さんは、十人十色で、被害に遭われながら何度も申し訳なさそうに謝りながらお話される方、かと思えばことごとく同業者に断られて来たのか?開口一番、喧嘩ごしの方、、色々な方が居られます。

商売をしていながらこんな事を言うのはおこがましいですが、私も営業時間外になると色々な場面でお客様になります。私自身は自分が客の立場でそうであるように、「お客様は神様では無い」と思っています。飲食店でご飯をいただく事一つあげても、お金を支払う(または仕事を発注)する側にも礼儀・マナーは必要と、常日頃から思っております。

私生活、私の周りにも少なからず居ましたが、一緒ご飯を食べに行っても、店員さんに偉そうに物言いする人っているじゃないですか? まぁ、ああ言うのを見たり、聞いたりすると、やはり人間性だなぁとつくづく思います。先日のブログでも述べましたが、私の瓦の師匠が昔よく言っていました。「社長にも色々いるけど、周りのスタッフ、お客様に恵まれている本当に出来た社長は、実ればこうべを垂れる稲穂の様に物腰低く穏やかや。逆にスタッフにもお客様にも恵まれん社長は踏ん反り返って自分一人で大きなったような顔しとる」と。笑笑

やはり、人間て心で動く動物、この激務の事情を理解された上で懇願されると、心の中では本当に何とかしてあげたいと思い、結果時間を何とか見つけてお電話差し上げますもん。


野洲市野洲、ケラバが無くなりました。


野洲市八夫、降り棟もやられます。


日曜日に集中的に回った大阪市は枚方市から3階建のモニエル瓦破損。


寝屋川市東香里園、スレートと棟板金が飛散。



千里丘下、こちらも高台のモニエル瓦、何かの物体が飛来し隣接する数軒の屋根に被害を及ぼしました。


日頃空き家で、オーナー様から外装周りの守りを一括で任されている地元比江のお宅は、母屋、離れ、蔵とまた被害に遭いました。


野洲市小篠原、最近良く案件を戴く地元の左官屋さんからのご依頼。


草津市草津町からも、養生が出来て一安心。


棟がひっくり返った大津市北大路、、M邸と言う名の苗字が本当に多い地域でした。

どれだけ現地調査が詰まっても、基本断る事はしないのが方針。お客様のSOSが届くうちは、まだまだ、しばらく現地調査が続きます。

忌み数

2年連続酷い爪痕を残した忌み数「台風21号」通過直後からホームページをご覧になったお客様の電話が鳴り止まず、ブログ更新の暇もありませんでした。今晩の時点で受けた件数はホームページ直接依頼が68件。元請様の案件は受けきれません(泣

近畿圏でも検索上位に出るんですね?大阪は平野区、阿倍野、千里丘下、豊中、楠葉、枚方、香里園、京都府向日市、長岡京、からも工事依頼をいただきました!!大阪エリアは日曜日に現地調査予定、今しばらくお待ちください!


フラッター現象の末路は上下運動の許容範囲を超えると堰を切ったように一気にめくれ上がります。屋根上にこのように留まるのはまだ軽傷です



スレート棟板金も毎回必ず飛びます。そりゃ38ミリ位の細い釘でしか留めてないから考えりゃ、当たり前。自然の猛威に敵うはずがありません。


栗東駅横は壊滅。ビルの間をすり抜けた暴風は威力も倍増しまさす。風洞実験の気流の流れのように。。



彦根市須越からも、、軒樋10m 琵琶湖の藻屑になりました。


豊中市からもSOS! 喜んで!近畿圏にも名前を広めます!!


高槻市からお問合せ!まだまだ新築、鶴弥さんのスマート片棟仕様!全釘してません! 片棟部も三角冠使って逆に風受け、全飛びです!



京都市上京区、1/3の瓦が吹き飛んで、まるで大地震の跡みたい。


水口町宇田、のし瓦手裏剣のように北向きに舞い上がり消えて行きました。



京都府向日市、緊急SOS! シート養生を懇願されると無下に断れません!


近江八幡市若宮町! お待たせしました。


安土町西老蘇、廃盤モニエル瓦あるかなぁ?!


大津市膳所と馬場からも、愚図った棟は良く飛びます!!

ガイドラインで積みましょうね?!

1 / 41234

▲TOPへ