ブログには上げきれませんでしたが、先日こちらのS寺様の本堂の修理をいただきました。

今回、①庫裏と本堂を結ぶ屋根の雨漏れ修理②平屋の庫裏の葺き替え工事 ③太陽光を導入した場合のプランニングと見積 ④本堂の鬼瓦の取り替え、降り鬼の付け直し。

以上の調査と見積依頼をたまわりました。


住職様も気付かれない、酷い状態でした。隅棟が一部、無くなっております。恐らく、昨年の台風21号の仕業と思われます。



本堂の立派な鬼瓦は方々破損し、付け焼き刃的に応急処置で銅線で引っ張ってますが、傾き出しており非常に危険な状態です。

降り鬼も恐らく内部では緊結線が切れている状態と推測出来ます。


庫裏と本堂を結ぶ建物。軒先付近で、垂木と化粧野地が腐り落ちている状態です。

瓦は昔の60〜64判、瓦と下地を付近一帯剥ぐって、大工工事が必要になります。

LINEで送る