昨年の台風21号から、おおかた9ヶ月が経とうとしていますが、いまだに県内各地はもとより近県からも、調査依頼をいただきます。

本日は湖南市にあるS寺の住職様より弊社ホームページをご覧いただき、部分改修、修繕工事の調査依頼を賜りました。



お寺などの社寺仏閣、独特な形状をした反り入母屋屋根には民家では普通使用しない沢山の役物道具類が使われています。

屋根の形状が複雑になり、飾りが増えると自ずと雨水の浸入のリスクやメンテナンスサイクルの短縮化に繋がります。


降り棟の棟瓦も飛散し無くなっています。


袖丸と刀根丸直下の刀根地も凍て割れを起こして下地に水が回り、いい保水具合の土から植物が育っています。

古民家屋根から板金屋根、洋風屋根からこのような社寺建築屋根まで、オールラウンドに全ての屋根・屋根材を網羅する、今井瓦店にお任せ下さい。

LINEで送る