屋根材の寿命を迎えた、旧スレート材(カラーベスト)の葺き替え工事でしたが、古い屋根材を解体している最中に下地(コンパネ野地)が相当酷く腐食している箇所を発見。
急遽、野地の修理を施すこととなりました。野地の腐食は屋根材によって、葺かれている段階で発見するのが困難な場合があります。
葺き替え時は、一緒に野地板の張替え、増し張りをお勧めいたします。

小屋裏の換気が不十分な場合、生活熱(内側からの熱気)が野地板を浸透し長年かけてコンパネをバラバラに分解するまで劣化させています。
日光の照射時間の短い北西面だけの腐食でした。

下画像にマウスのカーソルを合わせて頂くと、大きな画像でご覧頂けます


リフォームデータ
症状
製品寿命
工事内容
葺き替え工事+雨樋掛け替え
工期
8日
築年数
25年以上
商品
Kmewコロニアルグラッサ
シビルスケアPC50



LINEで送る