今週は、地元の鮎養殖業者様の屋根を施工させて頂いております。敷地内にある、蔵や冠木門、離れ浴室トイレの屋根を立平板金にて施工。


 

連休に狙いを合わせて大型の台風18号がやってきてますね? この18号という数字、過去を見ても被害の大きさで、忌み嫌う数字で、昭和36年の室戸台風、平成16年広島の厳島神社を浸水、一部倒壊させた18号、更に記憶に新しいのが2年前に鬼怒川堤防決壊で大被害を出した18号。秋台風には特に注意が必要ですね。

養殖屋さんのお屋根、何とか台風前に完了出来て一安心。

午後から私と営業は、契約をいただいた新しい現場へ事前お打ち合わせに。

総メーター数、50m弱の棟回収工事です。

最近では、紹介客様が一気に増えてきました。これも都市部と違い、近隣住民様の繋がりが深い事を如実に証明していますね。

こちらのお客様には、安全作業の為、台風通過を待って来週初めからの着工の旨、工程説明をさせて頂きました。

LINEで送る