ジョイントカンパニーとして、こちらで仕事をしている同じ滋賀県の旧友の営業さんが、工務店の営業部署にもいよいよ兼任で席を置き、震災復旧工事用のフリーダイヤル引っ張り、広告会社と打合せ地域いちえんに広告を撒き、いろいろな発想とアイデアを取り入れられ、物件はこなすより増える一方、まあでもこんな機会で初めて体験したジョイント系の仕事、こちらは施工方に100%集中すれば良いんで、やり易いです。

またお陰様で、岐阜県から2社5名の職方さんに、熊本地震に出向中の業者さんが、インターネット「ツクリンク」の募集からこちらに来て頂き、地元滋賀の同じ組合支部のTさんも応援にかけつけて頂き、なんとか日本瓦葺がこなせるスペシャリストが揃い、方々の震災復旧現場に別れられるようになりました。

そして、ついに 工務店さんから無償で提供いただいている、戸建宿舎二棟も満室になり次の打つ手を思案中に、今日から葺き替え工事がスタートした施主様から一軒隣の持ち家、推定建坪60坪!!の平屋を潰れている「給湯器を直してくれるなら」を条件に、住んで無いから無償で貸して頂けると、、、N様、神様有難う御座います。

中を下見させていただいたら、まぁ!広い事!!7LDKがリビングを囲むように配置され、これなら今後人を増やしても個々のチームのプライベートは守られます。




日曜日も関係なく、復旧工事の為に仕事、また仕事。

現場には、通りかかった人達が「私の家も見て欲しい」と、リアル移動型の展示場みたいな状態です。

LINEで送る