日曜日は信楽の奥深く、朝宮という所で現調をさせて頂きました。もう直ぐ行くと宇治田原です。

今回もホームページの問合せメールから上記案件をいただきました。

現在、他府県在住のお客様ですが、今回この古民家をご購入され、傷みが激しく雨漏れを起こしている屋根瓦の葺き替えを検討されておられます。





事前のお電話で屋根の下地が腐って抜けている、とお伺いしていたので、当店がいつもお願いしているi 大工さんに同行をお願いして、シッカリ調査します。

積雪地域という事もあり、山の斜面に面した北面の屋根はなかなか酷い状態でした。軒の出が900と懐が深く、それも負担をかける一因になっています。垂木から腐って屋根が抜け落ちている箇所が2、3箇所見受けられました。

屋根面積は290平米、お客様のご要望に添い、どのような瓦の仕上がりを望まれるのか、現地でのプレゼンも含め、見積にも力が入ります。

LINEで送る