今日も下屋の解体、残りの部分30平米程ですが、安全第一、細かく組まれた足場のジャングルを跨いで、潜って、頭、背中、肩を単管部材で打ち付けながらの作業もウンザリなんで、ラフタークレーン車を搬入。あっと言う間にメクリきりました。
雲一つ無い快晴の中、晴天にそびえる一本竿、ワイヤーモッコ仕様!(株)守山クレーン様、いつも有難うございます!


しかぁ〜し!!明日納品を希望していた瓦材料が、運送屋都合で明日の納品は無理だと?!、、最短で明後日の朝イチ納品でお願いしたいと、この直後メーカーから連絡が入ってきました!

在宅現場(リフォーム)だから、余り場所を占領しない様、大屋根分と下屋根分に注文を分けたのが失敗でした。運送会社にすれば、一回の運送枚数も減るし、合便抱き合わせも無い、運送業界から1番嫌われる、注文パターン。

しかし、そんな都合は施工側には関係無い、「朝イチから下地工事して瓦揚げる予定なのに、そんなの間に合わないよ!今から引取り行くわ!」と、啖呵を切ってまた往復4時間の旅、目指すわ三州は愛知県碧南市明石町へ。

 

長島スパーランドを横目に、伊勢湾岸道に入り碧南市の沿岸部、干拓地はほぼ工業地帯です。今年2回目の工場引取り。ハッキリ言って、行き帰りの高速代、油代を考えると、全然割に合いません。

会社が提携している運送屋=先方車と呼んでいるのですが、こう言う場合は、「無理です。」では無くてスポット的な応援車両を入れてでも、長年の顧客にはシッカリ対応するべきだと、私個人的には思います。
午後3時過ぎ工場到着!広大な敷地は当然ながら、パレット積みの瓦の量、半端ありません。

日本全国津々浦々、地元の商社や問屋、我々のような瓦工事店の為に、大型トレーラーで出荷されて行きます。

と、張り切って引取りから午後6時に帰って来ましたが、ウチの従業員から一言、、「明日、雨ですよ。。☂️☂️」

う〜ん!わざわざ取りに行かなきゃ良かったぁ!!

そんなオチと無駄な労力、浪費に終わった今日一日の出来事でしたぁ。

LINEで送る