木下町もだいぶ進みました。昨日は腰葺き銅板屋根を解体し


電気化学作用により腐食した(電食)銅板の穴から侵入した雨漏れ部分は野地を腐らせていました。

 


改質アスファルトシート(ゴムアス)を敷設し、アポロルーフを施工します。

金属屋根の中でも、非常にリーズナブルに屋根にのせられる屋根材です。



瓦部分から受けてきた谷板が途中でかち合います。非常に雨仕舞の悪い部分で、雨がここからもオーバフローしていました。

特製で幅広に作成した、捨て樋をこしらえて仕込んでいきます。


現調作業もたまり気味です。

大津市竜が丘にて、大津市セクターを管轄するガス会社様のリフォーム案件。

内部は既にリフォームスタート、施主様が42年間ノーメンテを気にされており、急遽、屋根全体の改修工事依頼です。



先月、野洲市で施工させて頂いた、葺き替え工事。ブログでも斜めお向かいさんの見積依頼を記事にしましたが、元請営業さんの尽力でめでたく本契約、天気なら、土曜日から解体作業予定です。

この地域、建売時に全く同じ寸法で建てられている御宅が数軒ある為、採寸はもとより、材料積算の手間が省けて非常に助かります。前回の工事と全く同じ注文数で発注すれば良いんで。解る人だけ理解できるお話 ^ ^


足場屋さんもラッキー、バラした部材10m程運んで、全く同じ部材で組み上がるんですから 笑

LINEで送る